動画制作業者選び

動画制作によって売り上げがアップしたというECサイトが多く、今後ますますニーズの高まりが予想される動画制作の世界ですが、より確実な収益や購買力アップのためには適切に業者を選ぶ事も重要です。動画制作は特殊なソフトを使用する事によって素人でもプロ級の動画制作ができてしまいますから、実は実力的にはさほど複雑なものではありません。

ただしどのように表現するかによって活用するアプリケーションやツールが違ってきますし、動画制作業者による配信はネットだけとは限りません。ご存じの通りドラマ仕立ての動画や記録映像またはCGアニメのような作りと、多種多様な表現方法があります。ITの普及によって従来の表現方法が豊富になったとも言え、動画制作業者に求められる対象も格段に増えたと言うことになります。もよりの動画制作業者が、どのような形での表現を主体的にしているかを見極める事は重大で、やはり実績のある業者を選んだ方が無難です。

≪参考≫動画制作専門サイト:ムビラボ

そのためにも最低一度はお目当ての業者が制作した作品に目を通す事は重要ですし、実際に制作にあたるクリエイターの情報も要確認です。クリエイター専用の登録サイトもいくつかあって、直接・間接的にオファーを出せるシステムが確立していますから利用してみるのも良い方法です。経費も忘れず確認してください。安かろう悪かろうは困りますからしっかり見積もりをとる事も忘れないでください。やはり相場というものがありますから激安価格をアピールしているものは、安い理由も確認しておいた方が無難です。事前の打ち合わせは重要ですし、細かく条件を出してみて柔軟に対応してくれるならオススメです。

動画活用の利点

かつて自社商品や事業の拡大およびユーザー獲得のための最も安上がりな方法として、バナー広告の選択は必須でしたし実際多くの企業・団体が自社バナーを積極的に宣伝してくれるアフィリエイターたちを求めました。テレビメディアや雑誌あるいは新聞といった媒体は地域への影響力は申し分なかったのですが、あまりにコストがかかりすぎるために財力のある大手企業の専売特許のような状態であった事も事実です。

しかしバナー広告ならホームページの1ページにそのまま貼り付けるかメールにURLを貼り付けるなどの簡単な作業で、全世界へ自社ブランドを拡散してもらえるのですから、これほどおいしい話はないはずです。収益もそれなりに上がっていたはずですが動画という表現がそこに加わる事によって、さらにスマホユーザーにまでPR活動が行えるのですから、利用しない手はありません。

しかも静止画をそのまま動画形式に変えるだけで完了してしまうというのですから、手軽で利用しやすい事この上もありません。ただし収益アップにつながってくれなければ意味がありませんから、しっかり追跡作業もしなければなりませんし次の作業へつなげるための、PDCAの活用も必須項目となります。結果的にコンバージョン率が大幅アップしましたし前年比の収益アップも実現している企業が続出していますから、やはり動画制作は期待が持てるという事を見事に証明しました。自分で製作して大手動画サイトへアップするという選択肢はありますが、トータルで考えていくと、プロの動画制作業者を活用した方が手間も省けていいのではないかと思えます。

動画制作と広告活用

スマホデビューの目的が動画を視聴する事だというユーザーはとても多く、その実通勤電車の中ではスマホ操作に余念がない乗客を多数みかけます。中高生だけではなく頭の白いシニア層にまで拡大しつつありますが、もはや珍しくもなんともないほど一般化してしまいました。もっともゲーマーという人もかなりいますから動画のせいだけとは言えません。

そして動画サイトを開くと最初に始まるのは広告ですが、静止バナーだけではなく動画広告も多いですし、SNSにも同様の動画広告が必ずといって良いほどアップされているのをしばしば見かけますし、テレビでは観る機会がない海外のドラマ性を持った動画広告も数多くアップされているという事は、当然動画制作会社が存立しているという事を意味しています。

映画のプロモーション動画や社会情勢を劇的なドラマ仕掛けて描いた超短編動画広告などは、つい最後まで観てしまいますが店のURLをクリックしない限り、広告主へ課金されません。動画を個人でも作ってアップロードしている人も当然ながらいますが、完成度から見ても素人にできる代物ではない事ははっきりわかります。

テレビコマーシャルは莫大な経費がかかりますが、動画制作会社経由だと大変リーズナブルな費用で制作する事ができますし、動機や目的に応じてニーズに適応したプランも提案してもらえる点は安心して依頼できる最大のメリットです。しかしながら宣伝効果があるものなのか無料ではないだけに気になりますが、確実に効果を出せる演出の方法をプロの視点からみたサポートを受ける事ができますし無料で相談にも応じてくれますから、関心のある人は問い合わせてみる方法、もあります。実際ECサイトを運営する個人営業者の中にも導入事例を観る事ができます。今回は動画制作業者の活用方法についてお話します。