動画制作と広告活用

スマホデビューの目的が動画を視聴する事だというユーザーはとても多く、その実通勤電車の中ではスマホ操作に余念がない乗客を多数みかけます。中高生だけではなく頭の白いシニア層にまで拡大しつつありますが、もはや珍しくもなんともないほど一般化してしまいました。もっともゲーマーという人もかなりいますから動画のせいだけとは言えません。

そして動画サイトを開くと最初に始まるのは広告ですが、静止バナーだけではなく動画広告も多いですし、SNSにも同様の動画広告が必ずといって良いほどアップされているのをしばしば見かけますし、テレビでは観る機会がない海外のドラマ性を持った動画広告も数多くアップされているという事は、当然動画制作会社が存立しているという事を意味しています。

映画のプロモーション動画や社会情勢を劇的なドラマ仕掛けて描いた超短編動画広告などは、つい最後まで観てしまいますが店のURLをクリックしない限り、広告主へ課金されません。動画を個人でも作ってアップロードしている人も当然ながらいますが、完成度から見ても素人にできる代物ではない事ははっきりわかります。

テレビコマーシャルは莫大な経費がかかりますが、動画制作会社経由だと大変リーズナブルな費用で制作する事ができますし、動機や目的に応じてニーズに適応したプランも提案してもらえる点は安心して依頼できる最大のメリットです。しかしながら宣伝効果があるものなのか無料ではないだけに気になりますが、確実に効果を出せる演出の方法をプロの視点からみたサポートを受ける事ができますし無料で相談にも応じてくれますから、関心のある人は問い合わせてみる方法、もあります。実際ECサイトを運営する個人営業者の中にも導入事例を観る事ができます。今回は動画制作業者の活用方法についてお話します。