動画活用の利点

かつて自社商品や事業の拡大およびユーザー獲得のための最も安上がりな方法として、バナー広告の選択は必須でしたし実際多くの企業・団体が自社バナーを積極的に宣伝してくれるアフィリエイターたちを求めました。テレビメディアや雑誌あるいは新聞といった媒体は地域への影響力は申し分なかったのですが、あまりにコストがかかりすぎるために財力のある大手企業の専売特許のような状態であった事も事実です。

しかしバナー広告ならホームページの1ページにそのまま貼り付けるかメールにURLを貼り付けるなどの簡単な作業で、全世界へ自社ブランドを拡散してもらえるのですから、これほどおいしい話はないはずです。収益もそれなりに上がっていたはずですが動画という表現がそこに加わる事によって、さらにスマホユーザーにまでPR活動が行えるのですから、利用しない手はありません。

しかも静止画をそのまま動画形式に変えるだけで完了してしまうというのですから、手軽で利用しやすい事この上もありません。ただし収益アップにつながってくれなければ意味がありませんから、しっかり追跡作業もしなければなりませんし次の作業へつなげるための、PDCAの活用も必須項目となります。結果的にコンバージョン率が大幅アップしましたし前年比の収益アップも実現している企業が続出していますから、やはり動画制作は期待が持てるという事を見事に証明しました。自分で製作して大手動画サイトへアップするという選択肢はありますが、トータルで考えていくと、プロの動画制作業者を活用した方が手間も省けていいのではないかと思えます。